未分類

先日、東日本大震災で被害が甚大だった相馬の摂取院に、一昨年慰霊花火大会をプロデュースして依頼久しぶりにお見舞いに行ってきました。親友である鈴木君が副住職から住職に昇格しているし、すっかり流されていた墓地は復興しているし、震災被害者の慰霊鎮魂の為に観音像が祀られた納骨堂は寄付されているし、復興の為に着実に歩まれているのが嬉しかったです。